2020年釣行記(18) – MB

2020年 Mebaring 釣行記

日 時:03月12日(木) 17:40~23:00
潮回り:中潮(↑↓)
場 所:MHR-KGN
釣 果:メバル x 29
同行者:単独

世の中、新型コロナウイルスの爆発的な流行で自粛ムードが蔓延しており、何となく暗い雰囲気が漂っているが、大空の下で自然を相手に遊ぶ釣りは関係ない筈と釣行する機会を窺っていた。所が、今週は、雨風の条件が悪くて中々釣行するチャンスが巡って来ず、結局、週前半の釣行は見送り。そして、後半の木曜日になって、ようやく待ちに待った雨も降らず風も弱い南風の予報が出たので、勇んで釣行することにした。

16:00頃、自宅を出発し、現地到着は17:20頃。
直ぐに支度をして岸壁に出て様子を見ると、予報通り風は弱い南風で波もなく海は穏やか。大潮明けの中潮の満潮間近とあって、潮位は150~160cm程と高いため、テトラ帯の頂上が所々頭を海面から出しているだけで、海は広く見える。

17:40頃、60番スポット付近に到着して、SSQC-742LT-BF-KRTOTO42の組み合わせでキャスティングを開始。
最近はプラグに対する反応がトンとないので、無駄なことかも知れないが、出来ればプラッギングで可愛娘ちゃんと遊びたいと先発にプラグを選ぶことが最近のルーティンだが、やはり、この日も無反応。

30分程、プラグを泳がしてみたが、例によって飛ばしウキを使ったワーミングに切り替え。すると、待ち構えていた様にコンタクトがあって、18:15頃、この日の初釣果。サイズは、例によってロリの類だが、素直に嬉しい1匹。

2週間程前には爆ったポイントなので、直ぐにでも後続が来るかと思ったが、この日の可愛娘ちゃんのご機嫌はそれ程良くないらしい。なかなか、アタリが続かない。
それでも、ポツリポツリと退屈しない程度の間隔でアタリがあって、19:15頃、ツ抜け達成。皮切りの1匹をゲットしてから丁度1時間で10匹の釣果なので、それ程悪いペースではないが、どうしても2週間前のことが頭を過ぎってしまう。

その頃から、少し東寄りに向きを変えた風が強く吹き出して来た。予報では強くなる予想ではなかったので、暫く我慢をしていたが、吹き続けられている内に、背中がスウスウと寒くなって来た。昼間の暖かさに油断をして、わざわざベストを車に置いて来たせいだが、遊びに来て、風邪を引いては何を云われるか分らない。増してや、新型コロナウイルスが広がりつつあるこの時期なので、要らぬ騒ぎになっても困る。
そこで、19:40頃、一旦車に帰りベストを着こんで、60番スポット付近に戻って来たのが19:55頃。所が、キャスティングを再開した頃には、風はそよ風に変わっており、お蔭で薄っすらと汗をかく程。

60番スポット付近のアタリは、再開した頃からドンドンと間遠くなって来たので、20:40頃、109番スポット付近にワープ。しかし、全くの無反応。
そこで、いつもの様に蟹の横這い釣法で、可愛娘ちゃん達が屯している場所を探したが、夜遊びに出てしまっている様子で、何処にも居る様子がない。
結局、この日は21:15頃に折り返しに入ったが、凸部から先では2匹追加出来ただけ。

この日の20匹目の可愛娘ちゃんをものにしたのは21:30頃で、後半の10匹を獲るのに2時間以上も掛かった計算。その後は、たまのアタリを拾う釣り方で、23:00頃StopFishingとする頃までに9匹追加し、都合29匹の釣果だったが、何故か、もう一つ満足感に乏しい結果だった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

トラックバックURL:
http://mizoken.info/WordPress/fishing/wp-trackback.php?p=8008

« »