※ カテゴリー別アーカイブ:Mebaring ※

2021年釣行記(69) – MB

2021年 Mebaring 釣行記

日 時:11月23日(火) 17:15~21:00
潮回り:中潮(↑↓)
場 所:MHR-KGN
釣 果:メバル x 2
同行者:単独

早くも先生が走り回る月が目前に迫って来て、ソロソロ円な瞳の可愛娘ちゃんも動き出し始めている頃だろうMHR-KGNでのメバリングを予定していたが、生憎、予報では西南西の風が5~6mとのこと。となると、横風になるのでやり難くなる。しかし、UMB-FP刀狩りであれば、フォローの風になるので、寧ろ、有利に働く筈。
と云うことで、メバリング刀狩りかどちらにするか迷った。
しかし、この日は勤労感謝の日に当たるので、刀狩りUMB-FPは激混みになっているだろうし、冷蔵庫にはまだタチウオの在庫があるとのことだったので、MHR-KGNの状況を調査することに落ち着いた。

現地到着は17:00頃。
程なくして満潮を迎える時刻なので、潮位はほゞ最高潮に達しているため、テトラ帯は海中に沈んでいて、障害物の見えないMHR-KGNの海が大きく広がっている。波は殆どなく穏やかだが、時折、ウネリが入って来る程度。
風は、強く吹くとの予報にも拘らず、岸壁ではそれ程もなく、釣りをするのに余り気にする必要はなさそうで、一安心。

岸壁の様子を見ながら宵姫 爽 S58FL-Solidを手にお気に入りの60番スポット付近に向かったが、途中で、気が変わりへの字カーブの手前の40番スポット付近から調査を開始することにした。
40番スポット付近からへの字カーブまでの間は、過去にロッドを振ったことはほゞ皆無と云って良いポイントだが、可愛娘ちゃん達の居場所が変わっている可能性もあるため、念の為、蟹の横這い釣法でテンポ良くチェックしようと云うもの。

潮の高さを考慮して0.8gのJHをチョイスして、キャスティングを開始したのは17:15頃。
その日の調子を占う最初の数投は、期待と不安がないまぜになってドキドキもので、これはどんな時でも同じだが、今回は半年近くも間が空いているので一際その感が強い。

次は来るか、次は来るかと期待してキャストを繰り返したが、期待に反して、何も気配が感じられない。そこで、予定通りキャストして3歩移動し、又キャストして3歩移動・・・・を繰り返して何とか可愛娘ちゃんの居場所を探したが、梨の礫
こうなるとお気に入りの60番スポット付近をジックリとチェックしたくなる所だが、生憎、その付近には先行者の姿があるので、仕方がない。60番スポット付近を飛ばして62番スポット付近から、調査を再開。
しかし、状況は変わらないまゝ。
否、可愛娘ちゃんばかりでなく、メバリングには付き物のカサゴソイからのコンタクトもなく、早くもボーズの文字が頭に浮かんで来る始末。

そんな状況で67番スポット付近に来た時、この日初めてのコンタクトがあって、待ちに待った可愛娘ちゃんを手にすることが出来た。
実釣を開始して1時間も経った18:40頃のことで、サイズはMHR-KGNのアベレージに足りない15cm位だが、今シーズンの幕開けを飾る嬉しい1匹。
しかし、気に入らないのはアタリの出方で、この時のアタリはジワーッと重たくなっただけの違和感しかなく、釣った感のないアタリだった。
この日のここまでの状況を考えれば、アタリの出方を云々するのは、贅沢の極みだとも云えるが、小生にとっては、MHR-KGNは、サイズはなくても数を釣って楽しめる癒やしの釣り場の位置付けなので、やはりコンと感じるアタリを掛けに行ってものにしたい。
とは云え、ようやく可愛娘ちゃんたちが動き出した気配に、キャストする腕にも自然に力が入ろうと云うもの。

そして、その後の2投目か3投目で、またもや同じ様なジワーッと感じるアタリがあって、MHR-KGNでは珍しい23cm程の良型。
これに気を良くして、キャスティングを繰り返したが、その後は元の状態に戻ってしまって、完全にダンマリ状態。

余りにも気配がないので、プラグを投げたり、JHを重くしたり軽くしたり、はたまたワームを替えたりと色々と可愛娘ちゃん達の気を引こうとやって見たが、どれも無視。
この日は凸部の手前までを調査する積りだったが、こんな状況に堪らず、凸部の先にまで足を伸ばしたが、これも悪足掻きに終わり、19:50頃、118番スポット付近から折返しに入った。

この頃になると、潮位が下がって、テトラ帯の頂上が所々海面から頭を出し始めて来ていた。この様な一寸した変化でも状況が変わる切っ掛けになることは、良くあることなので、これまでが極端に悪かっただけに、藁を掴む心境でコンタクトを待ったが、これも期待外れ。

そうこうする内、20:30頃から、西風が強く吹き付けて来て、身も心も寒くなり、21:00頃、StopFishingとして、肩を落として帰路に着いた。

2021年釣行記(34) – MB

2021年 Mebaring 釣行記

日 時:06月29日(火) 19:10~22:00
潮回り:中潮(↑↓)
場 所:MHR-KGN
釣 果:メバル x 13
同行者:単独

メバリング用に購入した宵姫は、本来のターゲットであるアジでのウロコ付けは前回のA’s Pで無事完了したので、今回は導入目的であるメバルでのウロコ付けを考えていた。
と云う訳で、MHR-KGNに行く算段を立てていたのだが、予報では横風になる東風が2mで、しかも、22:00頃からは雨が降り出すとのこと。となると、小生にとっては嫌いな要素が重なるので、一旦は釣行を諦めた。しかし、宵姫メバリングで使ってみたいと云う欲求には勝てず、兎に角、現地に行ってみることにした。

18:50頃、現地に到着。
直ぐに宵姫を手に岸壁に出て様子を見ると、風は予報とは違って、小生の好きな南西の風がそよりと吹いてくる程度。雨は、色の濃い雲が空一面に広がっており、今にも泣き出しそうな様子だが、降り出すまでには至っていない。

19:10頃、54番スポット付近に到着し、リールをセット等々準備を始めた。
満潮直前のため潮位はかなり高く、殆どのテトラ帯は海中に没していて波気のない穏やかな海が広く見え、メバリングの条件としては悪くない。一つ気になることを上げれば、最近の傾向として潮位が高い場合は、円な瞳の可愛娘ちゃんの活性が低い印象なので、生憎、満潮を挟んだ潮位の高い時間帯での釣りになること。しかし、これは可愛娘ちゃんのご機嫌が良ければ、問題にはならないので、可愛娘ちゃん次第と云った所。
さぁ、今日のご機嫌はどうだろう?

すると、早くも2投目か3投目でコツンと反応があって、15cm位の可愛娘ちゃんをゲット。
と云う訳で、この夜の目的の一つであるメバリングでのウロコ付けがアッサリと出来てしまった。

そして、次の目的。色々なアタリを感じることだが・・・。
いつもの様に、後続のコンタクトがない。予報通り22:00頃から雨が降り出すとなれば、実釣時間が余りないので、テンポ良く居場所を探る必要がある。と云う訳で、直ぐに蟹の横這い釣法に切り替えたが、何処に行ったのか反応が感じられない。
途中で話し掛けられた地元のおっちゃんも、最近はアタリがないと嘆いていたので、可愛娘ちゃんばかりではなく、全体として低調な様子。

状況を打開するために、根掛りの惧れはあったが海面下に沈んでいるテトラ帯を狙うなどしたが、なかなか答えが見つからず、単発的なアタリを何とか拾う以外になく、この日のツ抜けは、21:25頃。

その頃になって、ポツリポツリと雨が降り出して来た。直ぐに本降りになる気配がなかったので、折り返しながら探ることにしたが、状況は変わらないまゝ。そうこうする内、遥か遠くに見えていた横浜ランドマークタワーやその他のビル群の灯りが見えなくなり、雨脚が少し強くなって来た。
可愛娘ちゃんの活性が高ければ、多少の雨なら我慢も出来と云うものだが、残念ながら、良くなる兆しも感じられない。もう少し待ち、下げ潮が効き始める時間になったら良くなる可能性もあったが、腰が痛くなり、右手首や右肘に鈍痛が出始めたこともあって、粘ってみる気持ちも失せてしまい、22:00頃、StopFishingとして帰路についた。

2021年釣行記(31) – MB

2021年 Mebaring 釣行記

日 時:06月18日(金) 19:30~23:30
潮回り:小潮(↑)
場 所:MHR-KGN
釣 果:メバル x 10、サバ x 3
同行者:単独

実は、19日の土曜日は再度A’s Pに行く積りにしていたが、予報では生憎の雨とのこと。所が、前日の金曜日の空模様は、降水確率は0%、風は南寄りの2m程と予想されている。そこで、1日前倒しして金曜日にMHR-KGNでメバリングをすることにした。

この時期の日没時刻は19:00頃なので、18:00少し前に自宅を出れば、丁度良い。
と云う訳で、遅れている鉄道模型の工作をしていたのだが、気が付いたのが18:00直前。慌てて支度をして18:15頃自宅を出発し、1時間後の19:15頃、現地に到着。
いつもの場所に車を止めて外に出てみると、弱い風との予報にも拘わらず、意外にも強い風が吹いている。

この日は、前回の結果を踏まえ、凸部の先に重点を置き、凸部の手前は様子を見るだけにしようと考えつゝ岸壁を歩いて、60番スポット付近に到着。
歩きながら見た海には、一時程沢山の海藻は漂っておらず、やっと海藻に気を使ってキャストする必要はなさそう。

19:35頃、Tenryu改のロッドに0.8gのJHの組み合わせで、キャスティングを開始。いつものことながら、その日の可愛い娘ちゃんのご機嫌を伺う1投目は、期待と不安が綯い交ぜになるのだが、この日は、中弛みになる時間帯からの入釣なので、特に不安の気持ちの方が強い。

果たして、この様な不安は的中するもので、全くコンタクトがない。
更に悪いことに、キャスティングを始めて間もなく、降水確率が0%の空からポツリポツリと雨粒が落ちて来た。こうなると凸部の先にまで足を延ばした所で、本降りにでもなったら、ずぶ濡れで戻って来なければならない
空の様子を伺いながら、キャスティングを繰り返したが、可愛い娘ちゃんからは何の音沙汰もない。

74番スポット付近にまで来た時、ひょっとするとプラグには反応するかも知れないと、半ば自棄気味でSmokyGigaScrew-A(GS-A)を結んでみた。
するといきなりググンと反応があった。これは合わせ切れなかったが、その後しばらくしてコンとショート・バイト。
この日はワームよりもプラグの方が良さそうだ・・・・
しかし、コンタクトがあったのは、この2回だけで、その後は元の木阿弥

雨脚は強くなることはないが、相変わらずポツポツと降り続いている。しかし、遠くのランド・マーク・タワーは雨に煙ることもなく、はっきりと見えているので、これ以上酷い降りになることはないだろうと、思い切って凸部の先にワープすることにした。

20:30頃、109番スポット付近に到着。
そして、気持ちも新たにキャストするといきなりコツと反応があって、17cm程度のアベレージ・サイズの可愛い娘ちゃんをゲット。

何年か前の様に、可愛い娘ちゃんの溜まり場は、凸部の先に変わったのか・・・?
と思ったが、後続がない。
そこで蟹の横這い釣法でテンポ良く探ることにした。しかし、コンタクトは忘れた頃に単発であるだけで、一向に上向いて来る気配がない。
結局、この日は125番スポット付近で折り返しに入ったが、この時にはほゞ諦め状態。

戻る途中、再度109番スポット付近で、この日最大の23cmの可愛い娘ちゃんをゲット。これが9匹目で、こうなると何とかツ抜けを・・・・と意欲が出て来たが、流石に土曜日を控えた金曜日の夜のことなので、アングラーが増えている。
そこで、隙間の広く空いている場所を選んで、キャスティングを繰り返したが、答えが出ないまゝで、何とかツ抜けを達成出来たのは、23:20頃。

その後も未練のキャスティングを続けたが、これは無駄足掻きで、23:30頃、StopFishingとした。

所で、この日は外道でサバを3匹も釣った。MHR-KGNでのメバリングで、外道と云えばカサゴソイが定番で、たまにアジが来るのが相場だった。しかし、この日は、15cm程の小さなサバが外道で、MHR-KGNでは初めての経験。しかも3匹。
現在は、季節的には6月の中旬の所謂梅雨メバルの時期なので、まだまだメバリングを楽しめる筈。しかし、夏の時期が盛期のサバが回って来ていると云うことは、海水温がかなり高くなっていることの査証と云えるだろう。前回に続いて、今回も厳しいメバリングの結果だったのは、その故なのだろうか?
昨年は、7月10日に39匹もの釣果を出しているが、今シーズンはソロソロ終わりなのかも知れない。

2021年釣行記(29) – MB

2021年 Mebaring 釣行記

日 時:06月11日(金) 18:30~23:30
潮回り:大潮(↓)
場 所:MHR-KGN
釣 果:メバル x 13、カサゴ x 1
同行者:単独

A’s Pでは、厳しいアジングを連続して強いられ、モヤモヤした物が澱の様に溜まっていたので、憂さを晴らそうとMHR-KGN円らな瞳の可愛い娘ちゃんと遊ぶことにした。幸い、予報によれば風向きも南寄りで2m前後なので、条件としても悪くはない。

この時期の日没時刻は19:00頃なので、18:00頃自宅発。
久し振りのNSL-S702UL/BFを手に岸壁に出てみると、大潮の満潮時刻を過ぎたばかりで潮位が高く、テトラ帯は海面下に沈んでいて、穏やかな海が広がっている。いつも、鬱陶しくなる程海面に漂っている海藻が、この日は、潮位が高いためか、殆ど見えない。と云っても、海中には漂っている筈なので、油断は出来ない。

最近はへの字カーブを過ぎた辺りからキャスティングを始めることが多くなっているのだが、この日は、生憎、地元のオッチャン連中が長い竿を出している。そこでそのまゝ歩を進めて、59番スポット付近に到達。

飛ばしウキ0.3gのJHを組み合わせたシステムを組んで、キャスティングを始めたのは、19:20頃。

久し振りのベイトリールなので、先ずは肩慣らし。軽くキャスティングを繰り返したが、まだまだ、明るい時間帯なので、コンタクトがない。

数投して感覚が戻って来た所で、本格的なメバリングを開始すると、コツ。
しかし、空振り。
可愛娘ちゃんの活性は低くはない様なので、獲れるのは時間の問題だろうと、安易に考えていたが、空振りや針掛かりさせても途中でバラしたりの連続。
アレー・・・!
どうしたんだ・・・・?
その理由を考えながらキャストしている内、可愛い娘ちゃん達の気配が消えてしまった。

この日、やっとの思いで本命の可愛い娘ちゃんを抜き上げたのは、20:00を回った頃で、実釣を開始して40分も経っており、これまでになく厳しい状況。
しかも、ネンブツダイと見間違える程のサイズで、如何にも幼い顔付をした姿に、嬉しさ半減と云った所。
とは云え、1匹は1匹。期待を込めて後続を狙ったが、全く音沙汰がないまゝ。

1匹目を獲ってから、暫くし経った時のこと。それまでと同じ様にキャストした所、何の感触も残さずラインが切れて、飛ばしウキごと何処かに飛んで行ってしまった。去年か一昨年にも同じ事態が起きたことがあったが、この時も、キャスト後リーリングに入った所、抵抗感が全くなかったので、高切れしていることが分かった次第。
仕方がないので、予備のスプールに替えてメバリングを続けたのだが、もう一つ調子が出ない。

21:00頃、思い切って、ロッドを替えることにして、一旦車に戻ることにしたのだが、往復での30分が結構辛かった。そして60番スポット付近に戻って、Falcon改メバリングを再開したが、その時のカウンターの示す数は6

30分程留守にして場を休めたが、アタリが遠い状況は変わらず、この日のツ抜け達成は22:15頃。ベイトロッドを振っていた21:00頃までの前半戦と比べれば、少しは良いと云えるが、厳しい状況は変わらないまゝ。

前回、事態の打開に最も効果のあった0.3gのJHに替えてもみたが、今回は全く無反応。ワームの種類を替え色を替えしてみたが、興味を呼び起こすことが出来ず、ひょっとするとプラグには来るかも知れないと試してみたが、これも空振り。

結局、切れそうな気持を何とか繋いで粘っていたのだが、根掛かりで高切れした途端に気持ちもプツンと切れて、23:10頃、StopFishingとした。
と云う訳で江戸の仇を長崎でではないが、A’s Pの仇をMHR-KGNで討つことが叶わず、見事に返り討ちにあってすごすごと引き揚げて来た次第。

それにしても、この日はこれまでになく状況が悪かった。
と云っても、凸部より先に足を延ばした訳でもないので、釣り場全体が悪かったかどうかについては、何とも云えない。2~3年前の様に、可愛い娘ちゃんの溜まり場が凸部より先に移動していたのかも知れない。その頃は凸部の手前は余り良くなかったので、先ず凸部の先に行って、手前はその帰りに撃ってみる程度だった。
最近は、凸部の先にまで足を延ばさなくても満足出来る結果を得ていたことに加えて、年々疲れ易くなっていることもあって、凸部の先は見送っているのだが、次回は足を延ばしてみようと思う。

2021年釣行記(26) – MB

2021年 Mebaring 釣行記

日 時:06月02日(水) 18:50~22:40
潮回り:小潮(↑)
場 所:MHR-KGN
釣 果:メバル x 40、カサゴ x 1
同行者:単独

予報では、南風が2~3mで、雨の心配もなく絶好の釣り日和
前回は、今シーズン最初の孤島アジングを楽しむ積りだったが、予報と違って、爆風と雨に祟られて、不本意ながら早上がりをせざるを得なかった。
まぁ、天気予報なんて、当たって欲しい時には外れ、当たって欲しくない時は当たるものだと思えば諦めは付くが、今回はどうか。

これまでであれば、風向きが南となれば迷わずにMHR-KGNでのメバリングとする所だが、空振りに終わったアジングのリベンジもやりたい。
と云う訳で、近場のアジにするか、遠方のメバルにするか、条件が良いだけに、最後の最後まで多いに迷ったが、当初の予定通りMHR-KGNでのメバリングをすることにした。

現地到着は18:30過ぎ。
Falcon改を手に岸壁に出てみると、風は殆ど吹いておらず、上げ潮に入ったばかりのため、潮位は低くテトラ帯や岸壁とテトラ帯の中間に入れられたテトラも、海面から頭を出している。海藻は、一時程の繁茂状況ではないが、それでも至る所に漂っていて、やはりキャストには気を使いそう。

54番スポット付近に立って、キャスティングを始めたのは19:00頃。
最近は0.8gのJHを使っているが、今回は、潮位がないことを考えて0.5gをチョイス。
それでも、コツコツと敷石に当たる感触が伝わって来たり、根掛ったりで、油断が出来ない。

この日、最初に来てくれたのは、15cm程の少し小振りな可愛い娘ちゃんで19:10頃。開始早々10分程で取り敢えずの答えが出たので、一安心し、後続を狙ったが、その後はコンタクトがない。

そこで蟹の横這い釣法可愛い娘ちゃんの居場所を探したが、何処に居るのか見付けられず、2匹目が獲れたのは、20分以上も経った19:30過ぎのこと。その後も状況は変わらず、71番スポット付近にまで来てしまった。

情況を打開するためにアジング・スプーンに替えてもみたが、全く効果がない。
さて、どうしようか・・・・・。
その時、ふと、JHを更に軽い0.3gに替えてみることを思い付いた。実は、今シーズンは少し重めの0.8~1.0gのJHを使っているが、昨年までは0.3~0.5gのJHMHR-KGNでの常用のJHだった。
取り替えてみると、それまで反応がなかったのが嘘の様に、チク、クッ、モゾと云った反応が返って来て、3匹、4匹、5匹と入れ掛り状態になり、20:20頃にツ抜けを達成。そして、それから約30分後の20:50頃には、20匹目をゲット。

20匹を達成した所で、プラッギングで遊んだので、10匹を追加するのに時間が掛かったが、1時間後の21:45頃に30匹に到達し、戻りながら、更に10匹追加した所で、22:40頃、StopFishingとした。

この日は、JHを0.3gにしたのが大正解で、0.2gしか重さが変わらないにも拘らず、こんなにもメバルの反応が違って来るのに、改めて驚かされた。
しかも、この日のアタリ方は、チク、コツッと云った極々小さな物ばかりで、まるでアジを相手にしている様で、非常に面白かった。恐らく、アジングの経験がなければ、アタリとは判らなかっただろうと思う。

一方、プラグに対しては、相変わらず、反応が良くなかった。SmokyGigaScrew-A(GS-A)JungleGymYURIで各々1匹獲れたが、その他のプラグには、アジング・スプーンを含めて反応はなかった。プラッギングジグ単とは違った面白さがあるので、もっとプラッギングを楽しみたいと思う。しかし、実際には、魚が釣れなければ釣りの面白さは半減してしまうので、どうしてもジグ単を選択してしまうのだが、この日の様にジグ単である程度数を稼いだ所で、プラグに対する反応を窺うのがMHR-KGNでは良い方法だろうと思う次第。

« 古い記事