2022年釣行記(39) – AJ

2022年 Ajing 釣行記

日 時:08月02日(火) 19:00~21:20
潮回り:中潮(↑↓)
場 所:DKK
釣 果:ナシ
同行者:単独

この所、最高気温が35℃前後の酷暑続きの毎日で、夕方になっても気温は30℃を下回ることもなく、何をするにも億劫になってしまう程。こんな時は、幾ら直射日光の当たらない夜間の釣りとは云え、蒸し蒸しと不快な暑さを避けることは出来ず、そんな暑さを我慢するよりは、クーラーの効いた涼しい部屋で過ごす方が遥かに快適。
と云う訳で、稍々もすると萎えそうになる気持ちを抑えて、2ヶ月振りでDKKアジングに出掛けて来た。

17:40頃、自宅を出発し、現地に到着したのは18:10頃。
所が、駐車スペースには、釣り人のものらしい車は1台しか見えない。DKKは小規模な釣り場なので、いつもは釣座を構える場所があるかどうかを心配しながらやって来るのだが、釣り人が少ないのは歓迎すべきこととは云え、これはどうしたことだろう・・・・。
暑さを避けるため?
釣れないため?
別の心配を胸に岸壁に出てみると、最奥に、小学生の子供を1人連れた釣り人がいるだけ。その釣り人も、準備を始めたばかりの様子で、地元の常連さんの姿も見えず、岸壁はガランとしていて何処かしらうらびれた様子が漂っている。

小生は、水道の正面に釣り座を構えることにして、準備に入ったが、蒸し暑さがベッタリと身体に纏わり付いて、大して身体を動かしていないのに、汗が背中を流れ落ちる程で、これには辟易。

今回持ち込んだロッドは、Emeraldas改Soare改の2本。その内、Emeraldas改を先発に選んで、18:30頃、キャスティングを開始。
予報では南寄りの風が3m前後との予報だったが、岸壁ではそれ程強くなく体感的には1~2mと行った所。蒸し暑さを凌ぐためには、もう少し強く吹いて欲しい所だが、そうなると強い横風を受けることになり、釣り難くなるので、この辺は痛し痒し

アジからのコンタクトがないまゝ、時間が経ち、19:30頃になって、突然、背後から花火を打ち上げる大きな音が響いて来た。
この日、地元で花火大会があることをすっかり忘れていたが、ズシーンと腹に響く極超低音が聞こえた後に、一拍二拍置いて上空でパラパラと弾けて花が開く音が絶え間なく続き、これじゃアジも怯えて餌を追わなくなるだろう
花火を楽しもうにも、背後には植栽があり、更にその後ろには高い建物があるため、それも叶わず、キャスティングを続けるしかない。半ば諦めながらキャスティングを続けていたが、30分程で花火大会も終わって、やっと静かな釣り場に戻った。

時間的にも、満潮時刻を過ぎて下げ潮に変わった所で、気持も新たにキャスティングを繰り返したが、何も音沙汰がない。潮の流れが、小生の好きな右から左に変わっても梨の礫

隣りの親子の様子を見ても、イワシが掛かって来るだけ。しかも、沢山のサビキには1匹か2匹しか付いておらず、アジが掛かった様子もない。

アジは云うに及ばず外道のカサゴからも相手にされず、相変わらず纏わり付いている蒸し暑さに集中力も途絶えがちだったが、隣りの小学生が頑張っているのに、尻尾を巻く訳にも行かない。
痩せ我慢をして粘ったが、結局、22:00頃、精も根も尽き果ててStopFishingとしてスゴスゴと引き上げた次第。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

トラックバックURL:
http://mizoken.info/WordPress/fishing/wp-trackback.php?p=10491

« »