※ カテゴリー別アーカイブ:Ajing ※

2021年釣行記(28) – AJ

2021年 Ajing 釣行記

日 時:06月08日(火) 18:30~23:30
潮回り:中潮(↓↑)
場 所:A’s P
釣 果:アジ x 5
同行者:IKD、KRT、(AKT弟、INUE、TKZW)各氏

予報では南寄りの風が1~2mと絶好の条件なので、釣りに行く予定にしていたのだが、行き先を何処にするか迷っていた。久し振りにUMB-FPアジングでも良いし、又、MHR-KGNメバリングをするのも良い。
そんな時に、IKDさんが前回と同じA’s Pに行くとの連絡が入って来た。しかも、KRTさんも行くとのこと。
A’s Pは前回、散々な目にあったポイントだが、今回は大きな群れが回って来るかも知れない。根拠もないのに、期待が膨らみ、小生も参加することに。

17:15頃、自宅を出発。現地には18:00前に到着し、先着していたIKDさんKRTさんと合流。まだ明るい時間帯なので、暫く釣り談義で時間を潰しながらゆっくりと支度に掛かった。

今回は、ジグ単の釣りに特化する予定なので、持ち込んだロッドは、8320#1B8326#1Bの2本。

風は弱くて軽い仕掛けのアジングには最適だが、海水に少し赤み掛った濁りが入っているのが気になる。しかし、18:30頃、8320#1Bを先発に選び、0.8gのJHを結んでキャストを始めた時には、すっかり忘れていた。

小生より一足早くキャストを始めたKRTさんが、2投目か3投目で、ロッドを大きく曲げてやり取りをしている。残念ながら、この1匹は、バレてしまってKRTさんは大いに悔しがっていたが、アジの活性は高そうで、期待が膨らんで来る。
すると、期待通り、それから間もなくして小生にもコツと感じるアタリがあって、本命のアジが来てくれた。
時刻は18:40頃のことで、サイズは、21cm程で決して良型とは云えないが、前回よりは少し大きく見える。

前回も明るい時間帯に最初の1匹が来てくれたのに、その後はサッパリで苦戦を強いられたのだが、今回はその様なことはないだろう・・・・
と思ったが、それっきり、何の音沙汰もなく、早くも前回の二の舞い・・?と悲観的な思いが浮かんで来る。

3人で、アタリがない。アタリがないと首を傾げている内に、AKT弟さんが、その後TKZWさんINUEさんと続々とお出ましになって、6人がズラリと並んで砲列を敷いたが、アジの群れは何処かに行ったきり、寄って来る気配も見えない。

そうこうする内、いきなり風が強く吹き出して来た。しかも、横風になる北東からの風で、完全にお手上げ状態。にも拘らず、誰一人として引き揚げようとせず、キャスティングを続けているのは流石〇〇としか云い様がない。

22:00を回った頃、IKDさん航路側をチェックして来ると云って、離れて行き、23:00頃、INUEさんが一足早く引き揚げ、少しづつバラけていった。
そして、DKK第二ポイントに転戦すると云うAKT弟さんKRTさんの二人を見送って、23:30頃、残っていたTKZWさんと共にStopFishingとした。

それにしても、今年はアジの調子が全然上がって来ない。鉄板ポイントの孤島でも良くないし、このA’s Pでも苦戦の連続。近隣の釣り施設の釣果情報を見ても、トップ・シーズンには4桁の釣果が、何とか2~3桁を維持している状態。
この分で行けば、フィッシュ・イーターであるタチウオの寄りも期待出来ず、新型コロナと相俟って、厳しい夏になりそう。

と云う訳で、アジングそのものは、今回も厳しいものだったが、一つ勉強することがあった。
つまり、風が強い場合には、ラインの動きでアタリを取る方法が武器になることを学んだ。と云うのは、今回、強い横風の中でポツポツとアジを拾っているIKDさんに釣り方を訊ねた所、ラインの動きでアタリを取っているとのこと。しかも、小生の見ているその場で、スッと入るラインの動きで見事にアジをゲットしていた。
小生は、ラインでアタリを取ることはエギングなどでは行っていたが、アジングでは意識をしてラインの動きに注意したことはなかった。所が、目の前で実践されたので、自分の釣り座に戻って早速真似をしてみた。すると、見事に答えが出た。
この時のラインの動きは、小生にもそれと判る程かなり大きいものだったが、ひょっとすると、小生が見逃していた小さなものがあったのかも知れない。この辺りが、手練れの皆さんと差が付く一つの要素だろう。
強風に煽られたラインの複雑な動きの中から、アタリを見極めるのは、非常に難しいとは思うが、次回は、ラインの動きにも集中しようと思う。

2021年釣行記(27) – AJ

2021年 Ajing 釣行記

日 時:06月05日(土) 18:15~24:30
潮回り:長潮(↓↑)
場 所:A’s P
釣 果:アジ x 6
同行者:IKD、KRT、(AKT、INUE、IMMR)各氏

前回の孤島アジングの際、AKTさんから今度の土曜日にはA’s Pに行きましょうとお誘いを受けていて楽しみにしていたのだが、残念なことに仕事の都合で行けるかどうか怪しくなったとのこと。ガッカリしているとIKDさんが行くとのことで、直ぐに連絡を取ってご一緒させて頂くことにした。

現地には17:00を回った頃に到着。IKDさんも到着している筈だが、見当たらないので広い釣り場をウロウロ。すると遠くで手を大きく振っている御仁がいることに気が付いた。しかし、その御仁が手を振っている相手が小生なのか、別にいるのかが良く判らない。様子を伺いながら近付いていくと、聞き覚えのある笑い声が・・・。
と云う訳で、先着していたKRTさんIKDさんと無事合流出来た次第。

今回持ち込んだロッドは、キャロ用Soare S610LS30ジグ単用Soare改8320#1Bの3本。
6月に入ったこの時期の日没時刻は19:00頃なので、アジングを始めるには少し早過ぎるため、釣り談義をしながらゆっくりと支度に掛かった。

小生より一足早くキャスティングを開始したIKDさんは、2投目か3投目で早くもロッドを大きく曲げてやり取りを始めている。のっけから良型アジが来たのかと、期待しながら注視していると、同じ銀色の魚体ながらも魚種の違う良型のニベ
外道は外道だが、魚の活性は高そう・・・

小生がキャスティングを始めたのは18:15頃。
この日は、21:00前後の時間帯に南南西の風が4~5mと強く吹く予報が出ていたので、少し重た目の5gのシンカーを使ったキャロシステムを先発に選んで、2投目。
ポンとシンカーを跳ね上げる様にした後、ジグが馴染んで行くのを待っているとコツ。
反射的にロッドを煽って合わせを入れると、明らかに生命体の反応が伝わって来て、本命のアジをゲット。
サイズは20cmを少し超える程度程度で、決して良型とは云えないが、久し振りに手にする嬉しい嬉しい1匹。

未だ明るい時間帯から当たって来たので、期待感が膨らみ、
さぁ、これで・・・・
とキャストする腕にも自然に力が入って来る。しかし、釣りの場面では、良くあることで後続がない。
小生を挟んでキャストしているIKDさんKRTさんも首を捻っている。
期待したのに、交通事故か・・・・
そうこうする内、KRTさんがロッドを絞り始め、ボトムから〇〇cm上だと釣れたレンジを解説してくれる。当然、小生もKRTさんに倣って同じ様にしている筈なのだが、小生には来ない。IKDさんも、もう一つ調子が上がって来ない様子だが、KRTさんが一人ロッドを曲げている。

しかし、日が沈み周囲の暗さが増して来るに伴ってアタリが遠くなってしまった様子で、好調だったKRTさんがロッドを曲げる場面はめっきり減ってしまった。IKDさんはたまに来るアタリを拾ってはいるが、ペースは極めて悪い。そんな状況の中、小生は何の違和感を感じることなく、キャロにしたりジグ単にしたり、ジグの重さを替えてみたりと色々とやっては見たが、ただ時間が過ぎて行くばかり。

時刻は定かではないが、IKDさんと電話でやり取りをしていたIMMRさんが登場。その後に、何とか仕事の都合を付けてAKTさんが駆け付け、そして最後にINUEさんがやって来て、6人がずらりと並んでのアジング大会@A’s Pの様相。

所が、相変わらずアジの気配が薄く、皆、たまに来るアタリを何とか拾っている状態から抜け出せずにいる。しかし、そんな状況にも拘わらず、流石にアジング・フリークのAKTさん、皆を差し置いてポツリポツリとロッドを曲げ始め、徐々にペースが良くなって来た。

暫くして、AKTさんの場所でキャストさせて貰ったが、頻繁とは云えないがコンタクトが確かにある。対して、小生の場所に入ったAKTさんには全くアタッて来ないとのこと。
AKTさんの弁なので、小生が入った場所にはアジが寄って来ていないのは確実。であれば、小生が釣れないのは仕方がないとある意味納得は出来たが、同じ岸壁で7~8mしか離れていないにも拘わらず、こんなにもアジの寄りに差が出る理由が、もう一つ判らない。ボトムの形状や潮の当たり具合など目に見えない様々な要因があるのだろうが・・・・。

時間が経てば・・・・。
潮の流れが出れば・・・・・云々。
藁をも掴む心境で状況が変わる切っ掛けを待ったが、一向に期待した変化が出て来ることもないまゝ。
今度は来るかも・・・・。今度は来るかも・・・・・とキャストの度に期待を込めたが、相変わらず、アジは忘れた頃にコツッと来るだけ。しかし、気の合った仲間達と過ごす時間が楽しく、気が付けば23:00。単独釣行が常のMHR-KGNであれば、引き揚げに入っている時刻だが、別れ難く1時間残業することに。

予想通り残業している間にも事態の変化もなく、24:00頃、翌日の仕事の都合があるからと云って、AKTさんが引き揚げて行き、その後まもなくして24:30頃、小生もStopFishingとした。

結局、この日は、途中でパラパラと予報になかった雨が降ることはあったが、本降りになることなく直ぐに止み、風も予報程強くは吹くことはなく、どちらかと云うと穏やかな時間帯の方が長かった印象。しかし、肝心のアジの回遊が殆ど感じられず、あっても、ごく小さな群れが通過して行くだけの状況で、小生は、全くのお手上げ状態だった。
とは云え、小生にとっては、実質的に初めてと云って良い釣り場で、自宅から遠くない釣り場なので、少し通ってみる必要がありそうだと感じた次第。

2021年釣行記(25) – AJ

2021年 Ajing 釣行記

日 時:05月30日(日) 16:30~19:30
潮回り:中潮(↑)
場 所:孤島
釣 果:アジ x 0、カサゴ x 1、タコ x 1
同行者:AKT、IKD、YGW、INUE、KRT各氏

今シーズンはアジの寄りが悪く、近辺の釣り場の釣果が全く上がって来ない。アジングの聖地である孤島も例外ではなく、小生を除いては手練ればかりの釣り仲間達もかなり苦労している様子。そんな状況なので、小生ごときがノコノコ出掛けても期待薄なのは自明の理だが、こればっかりはやって見なければ判らない。運が良ければ、尺アジの群れに遭遇することだってあり得る。しかし、行かなければ、100%あり得ない。風向きが横風になる東寄りであることは気になるが、幸いなことにそれ程強く予報ではない。更に、降水確率も夜を通して0%になっているので、行けば何とかなるだろう

前向きな考え方と云えば聞こえは良いが、結局は、行きたいための自分本位の理屈付け・・・・(笑)

駐車場に先着していたKRTさんと合流し、INUEさんの到着を待って、3人揃って出発し、AKTさん、IKDさんYGWさんに迎えられて16:00過ぎに、孤島の突堤に到着。
いつものことながら先着していた皆さんには、年老いた小生を気遣って重たい荷物を運んで頂いて、本当に有難く思っている次第。多謝!!

突堤に上がって見ると、思いの外強い風が吹いている。しかも、孤島では鬼門の東寄りの風で、釣り支度に取り掛かる前から、気持ちはシュンと萎えて来るが、少しでも弱まってくれることを念じながら、準備に入った。
所が所が、そんな小生を嘲笑う様に、ポツリポツリと雨が降って来る始末。

強い風に加えて雨と来ては、釣りを続ける状況ではないが、皆、何事もないかの様にロッドを振っている。ただ、KRTさんだけは俺とmizokenさんの二人が揃ったから、アジは散るし天気は荒れて、最悪だよヨ!!と騒いでいる。

暫くして、雨は上がったが、風は益々強く吹いて来る様になり、突堤に到着した頃には、暑くて薄っすらと汗ばんでいた身体からドンドンと熱が奪われてしまって、思わずブルっとして上着の前を留めて凌ぐ程。

IKDさんによれば24:00を回る頃までは、釣りにならないだろうとのこと。
彼の言葉通りだとすると、7時間も待つことになるが、そんなに長い時間を何もせずに待つことなど出来る筈もなく、5gのシンカーを使ったキャロでキャスティングを開始。
と云ってもキャストしたり休んで釣り談義をしたりの繰り返しで、とてもとても釣りに集中しているとは云えない状況。

そうこうする内、北の空を覆っていた黒い雲が近づいて来て、又々、ポツリポツリと雨が降り出して来てしまった。
こうなると辛うじて繋がっていた気持ちが耐えられる筈もなく、急遽予定を変更して、KRTさんと共に早上がりをすることにして道具の片付けに入った。その間にも雨脚が強くなって来て、皆で建物の陰に入って雨宿りを決め込んだが、その強い風雨をものともせずロッドを振っていたのは、INUEさんIKDさん

4人を残して、20:00過ぎにKRTさんと二人で引き揚げて来たのだが、駐車場に到着した頃には、雨は上がり、場所のせいか孤島に居た時程、風の強さもなく、少し早まったかと後悔の念がチラリ。
と云っても後悔先に立たず。改めて出直すことも出来ず、そのまゝ帰路に着いた次第。

2021年釣行記(22) – AJ

2021年 Ajing 釣行記

日 時:05月06日(木) 18:00~22:00
潮回り:長潮(↓↑)
場 所:DKK
釣 果:アジ x 0、カサゴ x 1
同行者:単独

ようやく長かったGWが終わって、365連休の小生の出番が到来。しかし、釣行の再開は、場合によっては、翌週の9日(日)の週からと考えていた。所が、予報では、6日の夜は南寄りの風が弱いとのこと。となると、再開を延ばす理由がない。

次に何処に行くかだが、弱い南寄りの風ならMHR-KGNが第一候補にあがるが、生憎、この日は19:30頃が干潮時刻に当り、潮位は58cmとかなり低い。ただでさえ繁茂している海藻に手を焼くこの時期なので、潮位が低いのは致命的。
と云う訳で、MHR-KGNは止めてDKKに行くことにした。
この時期のDKKは、一昨年は良かったが、昨年は全く釣りにならず、今年も前回(04/19)は何とかアジの顔を見ることが出来ただけで、もう一つの感がある。しかし、その原因は、回遊して来る時間帯を外した結果かも知れない。だとすると、タイミングさえ合えば爆釣も夢ではないと、前向き(?)に考えることにした。

17:50頃、現地に到着し、岸壁に出てみてビックリ。岸壁には人影が全くない。岸壁が貸し切りになるのは喜ばしいことだが、地元のオッチャン連中が一人も姿を見せていないのは、釣れていないことの査証にもなるので、痛し痒し。前回のDKKも、アングラーは仲間内のアジンガーしかおらず、結果は惨憺たるものだったことを考えると、寧ろ、前途多難の予兆と考える方が妥当かも知れない。

今回持ち込んだロッドはSoare改Sephia S806ML-Sの2本。S806ML-Sエギング・ロッドだが、20g近くある重たい飛ばしウキを使って沖目に居る筈のアジを狙おうと云うもの。ティップの柔らかいS806ML-Sならば、充分成立するだろうと考えた。勿論、Soare改でのジグ単アジングを主体にするが、前回の結果からも、ジグ単で届く様な近場には回って来ていない可能性が高く、その様な場合を考えて、保険的に今回試してみようと考えて持ち込んだ次第。

18:00頃、S806ML-Sでキャスティングを開始。
波のない海面はのっぺりとしていて、まるで春の海の様。右手から左手に弱く吹いている南寄りの風で、0.3号のPEラインが大きくフケているが、飛ばしウキが重たいので、それ程の影響はなさそう。
2投、3投・・・・。
最初の内は、飛ばしウキフローティング・タイプのまゝ使っていたが、何も変化がない。そこで、シンカーを追加してシンキング・タイプにしてカウント数を増やしたり、扇状に広く探ったがやはり何も感じられない。

19:00頃になった所で、ロッドをSoare改に持ち替えて、0.8gのJHで近場を探ったが、足元の明かりに寄って来る水クラゲを除いては、生き物の気配が全く感じられない。
しかし、が凄い。小さな岸壁とは云え、の攻撃対象となるのは小生だけだからかも知れないが、ブンブンと纏わり着かれて煩くて仕方がない。念のためにと思って持って来た蚊取り線香を焚いて、少しは散ってくれた様だが、寄って来るのが本命のアジではなく、水クラゲばかりの状況に、実釣開始後1時間程で、早くも嫌気が差してくる始末。

そんな時にコンと当たって来たのがロリ・カサゴ
やっと魚が動き出した・・・・。
気持ちも新たにキャスティングを続けたが、魚からのコンタクトはそれっきり。

19:45頃、岸壁の入り口付近にヘッド・ライトの灯りがチラチラと見えるのに気が付いた。何を狙っているのかは判らないが、兎に角、同好の士が登場して来たので、正直な所、ホッとした。

20:30を回り干潮時刻を過ぎて1時間程経過した筈だが、潮が動きだすこともない。気が付けば、入り口付近のアングラーの気配も消えてしまい、マタマタ、貸し切り状態に戻った。

気分を変えるためにS806ML-Sで遠投を繰り返したり、Soare改でジグ単に切り替えたりしたが、全く効果がない。

21:00を回り、気持ちは既に切れてしまっていたが、回遊があれば・・・・と中々踏ん切りが付かず、結局22:00を回った所で、片付けに入った。

この日は、S806ML-Sを持ち込んで沖目のアジを狙ってみたのだが、その甲斐があったのか、なかったのか・・・・・。
兎に角、一度もアタリを感じることはなかったが、その原因がアジが居なかったからなのか、アタリがあったにも拘わらず、S806ML-Sでは感じられなかったのか、判断が出来ない。
元々、この釣り方はUMB-FPで試して見ようと考えていたものなので、次回はUMB-FPで試そうと思う。

2021年釣行記(19) – AJ

2021年 Ajing 釣行記

日 時:04月19日(月) 18:30~22:40
潮回り:小潮(↑)
場 所:DKK
釣 果:アジ x 1、カサゴ x 3
同行者:AKT、TKZW、IKD、AKT弟各氏

潮位は余り高くはないが、風が南若しくは南々西の2m前後との予報だったので、前回に続いてMHR-KGNに行く積りになって、すっかり準備も終わり出掛けるだけの段階になっていた。そんな所に、AKTさんからグループ・ラインでDKKに出撃する旨の連絡があり、IKDさんも遅れて合流するとのこと。
4月も半ばを過ぎ、ソロソロDKKにもアジが回って来ても良い頃なので、機会を見て調査に行こうと考えていた。そんなタイミングでこの様な連絡を貰ったので、急遽、場合によってはNGTBNからMHR-KGNに回って来ると云っていたYTさんにお断りの連絡を入れ、DKKに行くことにした。

現地到着は、17:45頃。
直ぐにタックルを手に岸壁に出てみると、入り口付近にAKTさん、奥にTKZWさんの二人しかアングラーがいない。小さな釣り場で、いつも地元のオッチャン達がいるので、アブレルことを心配するのが常なのだが、これにはビックリ。昨年の12月21日以来のDKKは、まるで雰囲気が違った印象。

と云う訳で、釣り場は3人の貸し切りだが、好きな最奥が空いていたので、TKZWさんに断って入らせて頂き、準備に掛ったが、久し振りの陸っぱりアジングで要領が悪い。何だかんだと外時間が掛かってしまい、Soare改を手にキャスティングを始めたのは18:20頃。

風はそよ風程度で、海はべったりと凪いでいて、アジングには好条件。しかし、右から左に向けての流れが強くて、手持ちの中では最も重たい2gのJHでも、直ぐに流されてしまってどうにもならない。
潮の流れが緩んだ時を待つしかない・・・・

しかし、流れの強さは多少弱まることはあっても、中々緩まない。

19:00(?)を回って来た頃、IKDさんが登場。
その頃になっても、一度もアジの反応はないまゝの状態。

この日、最初に魚からの反応を感じたのは20:00頃。
それまでの間、全く違和感がなかったので、寧ろ、極々小さなアタリにも素直に反応出来たと云うべきだろう。
しかし、針掛りした獲物の動きが、アジとは違っている。ひょっとするとアタリの主は・・・・と思った通り、惚けた顔をしたロリ・カサゴ。ようやく、潮の流れが収まって来て、魚も動き出したと次のアタリを期待をしたが、コンタクトがあったのはそれっきりで、又もや、何をしても無しの礫状態。

21:00頃になって、潮がこれまでと逆方向の左から右に流れ出した。強さはそれ程でもなく、寧ろアジの活性が上がって状況が好転するのではと前向きに考えもしたが、それも空振り。

その頃になると、余りにも反応がないので、皆、ロッドを置いて釣り談義を始める始末。そんな最中に、AKT弟さんが登場。
暫くは、5人での雑談に花を咲かせていたが、22:00頃、キャスティングを再開。

潮はトロトロと左から右に流れ、風もなく凪いだ状態で、アジングには絶好の条件になったが、相変わらずアジからのコンタクトはないまゝ。こうなると、集中力を維持するのは至難の業で、引き揚げるタイミングを考えながらのアジングになるのは、致し方がない所。

そんな惰性のキャスティングを続けていると、ムズとした違和感が伝わって来た。
今考えると、集中力が切れ掛かっていたのに、良く合わせられたものだと思うが、兎に角、合わせが決まってやり取りを始めた。
掛けた直後に感じた引きが直ぐに弱くなったので、これもカサゴだろうと思ったが、リーリングを始めると少し動きが違う。ひょっとして・・・と期待をしながら海面に浮かせると銀色の魚体が目に入って来た。

抜き上げたのは、20cm近い(?)立派な本命アジ。時計を見ると時刻は22:15で、実釣開始後約4時間の間で最初にして最後のアジのアタリ。

その後は、又、何もない状態に戻り、22:40頃、遂に気持ちも切れてしまったので、仲間の4人を置いて一足先にStopFishingとして帰路に着いた。

兎に角、この日はやっとの思いでボーズを逃れたが、まだまだアジの寄りは良くない印象。近くの釣り施設の釣果をチェックしても、二桁乃至精々多くても100台の三桁なので、回って来るにはもう少し時間が掛かるのかも知れない。
とは云え、この日1回の結果で判断するのは早計かも知れない。機会を見て出来る限り通ってみようと思う。

« 古い記事