2022年釣行記(31) – AJ

2022年 Ajing 釣行記

日 時:05月31日(火) 18:45~23:20
潮回り:大潮(↓)
場 所:DKK
釣 果:アジ x 18
同行者:単独

MHR-KGNで遠投して獲るメバルも気にはなったが、弱いながらも北寄りの風が吹く予報だったので、今季2度目のDKKアジングに行くことにした。

17:35頃、自宅を出発、現地には18:00頃到着。
いつもの駐車スペースには、5~6台の車が止まっており、小場所なだけに小生が入れる場所があるか心配。しかし、車から荷物を降ろしている最中に引き揚げて来たアングラーに様子を尋ねた所、タコ狙いばかりだから、もう直ぐ居なくなるだろうとのことで、一安心。

道具を肩に岸壁に出て様子を見ると、先行者は5人で、小生のお気に入りの最奥にはアジンガーが1人、他の4人は申し合わせた様にタコを狙っていた。その内の1人は新仔ダコを4杯釣ったとのこと。
次回来る際には、もう少し早く来て明るい内はタコを狙い、日が暮れてからアジに切り替える2本立て作戦を考えても良いと思った次第。

小生は、最奥に陣取っていたアジンガーに断って、その隣りに釣り座を構えた。
このアジンガーは、20年来DKKに通っており、AKTさんIKDさんとも顔見知りだとのこと。生憎、小生の記憶にはないのだが、実は、彼は小生のことも覚えていて、ここで何度か遭ったことがあるらしい。年齢を重ねるに連れて、他人の顔が中々覚えられなくなり、彼には失礼なことをした。

時刻も早く、まだまだ明るい時間帯なので、彼と色々と釣り談義をしながらゆっくりと支度をしていたのだが、彼の弁では先週の土曜日には20:00頃に時合が来たけれど、30分程で終わってしまったとのこと。それからすると、まだ早過ぎるきらいはあるが、待ち切れずに、18:30過ぎ、Soare改のロッドに0.8gのJHの組み合わせで、キャスティングを開始した。

風は左から右の北寄りで、若干強目。潮も同じ様に左から右に早く流れていて、少々やり難い。
盛期であれば、暗くなる前からコンタクトして来ることもあるし、何となく雰囲気も感じられるのだが、シーズンは始まったばかりのこの時期なので、お隣りさんの云う通り、何も変化がない。

日没時刻の18:50を過ぎ、ソロソロ回って来ても良い頃合いになったと期待を込めてキャスティングを続けていると、19:15頃、この日初めてのコンタクトがあった。
アタリは、それこそ小さなコソとした違和感しかなかったが、反射的に入れた合わせが決まって、ボーズ逃れの1匹をゲット。
サイズは、20cmあるかないかだが、前回は1匹をものにするのに四苦八苦していただけに、こんなにも早い時間から掛けられて嬉しい限り。

しかし、後続がなく、隣りからも迷子の1匹だったみたいですねと声が掛かる程。

そこで、浅目を狙うことにして、カウント10まで沈めた所から軽いアクションを加えつゝリトリーブしていると、コン。
隣りにも棚が浅いことを伝えて、カウント10~16を中心に通すと、その都度、コンタクトがあって、20:20頃にはツ抜けを達成。

その後、潮の流れが逆に右から左に変わったのを機に、アタリは間遠くなってしまった。それでも、退屈しない程度の間で反応があり、明日は仕事だからと、21:20頃、お隣りさんが引き揚げて行った頃には15匹。そして、その後は3匹追加した所で、22:15頃、StopFishingとした。

この日は、シーズンが始まったばかりのDKKで、それ程期待もしていなかったにも拘わらず、ツ抜けが達成出来て、大満足の結果だった。欲を云えば、大きくて20cm程度だったので、もう少しサイズが欲しいが、それは贅沢というものだろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

トラックバックURL:
http://mizoken.info/WordPress/fishing/wp-trackback.php?p=10326

« »