2021年釣行記(48) – AJ

2021年 Ajing 釣行記

日 時:08月30日(月) 18:00~20:50
潮回り:小潮(↑)
場 所:DKK
釣 果:ナシ
同行者:単独

前回のDKK釣行以降も状況に大きな変化はなかったので、厳しい釣りになることは充分考えられたが、敢えてDKKに行くことにした。

17:45頃、現地に到着。
夏枯れの釣り場に来る物好きは小生ぐらいなものだろうと思っていたが、意外にも岸壁には10人程のアングラーの姿があって、これにはビックリ。
ひょっとして釣れ出した情報でも流れたのか・・・。
小さな釣り場なので、こんなに大勢のアングラーが入っていると、入る場所も限られているが、入り口から少し入った所、岸壁の1/3程の所に何とか入らせて貰った。

今回は久し振りに持ち出した宵姫S58FL-solidに1.0gのJHを組み合わせたタックルで、18:00頃、キャスティングを開始。
風は右から左の横風が少々強めに吹いていて、アジングには不向きだが、これまで風がなく蒸し風呂の様な中でのDKKアジングを強いられて来たので、寧ろ、心地が良い。

キャスティングをしながら、周囲の様子を窺っていたが、全く竿が曲がる場面を見掛けない。
引き揚げて行く地元のおっちゃんに尋ねた所、7:00からやって、ベラが2匹だけだよ・・・・とウンザリした顔をして答えてくれた。
やはり、状況は変わっていなかったんだ。にしても、この混み様は何?

18:50頃、最奥に陣取っていた若者2人組が引き揚げて行ったので、場所を移動。この様な状況なので、場所を変えても結果は変わらないだろうと思いつゝも、いつも入っている馴染んだ場所なので、気持ちが落ち着く上、気分転換にもなる。

風は相変わらず右から左に吹いているが、潮は前回と違って全く流れていない。

JHを0.5gと軽いものにしたり、ワームを替えたり、色々と手を変え品を変えしたりしたが、何の答えも返って来ない。
それでも、次こそ・・・・。
気が付くとあれ程居たアングラーは引き揚げて行き、岸壁には中央付近のアジンガーと小生の2人だけ。
そのアジンガーも魚を掛けた様子はなく、苦労している様子。

20:00を回った頃には、切れ掛かった気持ちを何とか保たせてキャスティングを続けていたが、頭の中では、いつ引き揚げるかタイミングを図っている始末。
20:00と云えば、UMB-FPでの刀狩りでは、まだまだ気力も充実していて、集中してタチウオからのコンタクトを待っている頃。にも拘らず、今回のDKKアジングでは、実釣を開始して2時間程しか経っていない時点で厭になって来ている。やはり獲物からのコンタクトを信じて待てるか、信じられないかの違いだろう。

カサゴには失礼な話だが、アジが駄目ならカサゴでもと思い、昨年、見付けたカサゴのマンションを狙ったが、この日はカサゴも留守にしている様子で、コツリとも来ない。

こうなってしまっては、辛うじて繋がっていた糸もプツンと切れてしまって、20:50頃、StopFishingとした。

と云う訳で、2回連続でパーフェクトゲームを喫した訳だが、今回の3時間足らずの実釣時間は、小生の釣り歴の中でも最短の部類に入る程の短さになる。にも拘わらず、いつもよりも酷く疲れを感じた。
年齢的なものか、始めから釣れないと思いつゝ挑んだための精神的なものか・・・・。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

トラックバックURL:
http://mizoken.info/WordPress/fishing/wp-trackback.php?p=9301

« »