※ カテゴリー別アーカイブ:Mekking ※

2020年釣行記(10) – MK

2020年 Mekking 釣行記

日 時:02月12日(水) 16:30~19:40
潮回り:中潮(↑)

場 所:Skyread FG
釣 果:ギンガメ x 2、メジナ x 4、カサゴ x 1
同行者:YGWさん、AKTさん、(INUEさん)

久し振りにAKTさんから電話があり、12日の水曜日に、4人揃ってSkyread FGさんのボートで釣りをしませんかとのお誘い。基本的に、この種のお誘いをお断りする理由など、ある訳もない。この時も即OKし、AKTさんからの電話が終わるや否やSkyread FGさんに連絡を入れていた。

15:45頃、待ち合わせ場所のコンビニに到着し、先着していた3人と合流。今年初めて顔を合わせるAKTさんINUEさんに遅ればせながら新年の挨拶をすると、INUEさんは、のっぴきならない用事が出来て、帰らなければならないとのこと。その程度のことであれば電話で済ませることも出来たのに、わざわざ遠くから来てくれたのは、INUEさんの誠実さの表れ。
と云う訳で、INUEさんとはコンビニで別れて、ボート乗り場に向かった。

この日は、明るい内はメッキ、暗くなってからメジナを狙う予定で、16:30頃岸払いし、15分程で温泉場に到着。ここは昨年も2年物のギンガメを出したポイントだが、今年は暖冬のため周辺の海水温が下がっていないせいか、温泉に浸かりに来るメッキの寄りが悪く、大物は余り出ていないとのこと。

Soare30 S610LS30のロッドにルアーはSaltDgree SD-50Sの組み合わせで先発する積りだったが、周囲の様子を見ると、至る所でやたらと跳ねまわっているボラの姿が見える。これではルアーを沈めないとボラが掛かってしまうと考え、直ぐに10gのメタル・ジグに変更して、みよしの胴中寄りに立ってキャスティングを開始。YGWさんAKTさんは、JHにワームの組み合わせで、それぞれみよしともで既にキャスティングを始めている。

出来るだけルアーを沈めてボラを避けるようにはしていたが、兎に角、ボラの魚影が凄くて、キャストの度にコツコツとした感触が伝わって来る。
メッキかも知れないが、ボラなら厭だなぁと思っていると、どうしても合わせが入れられない。その内、合わせを入れていないのにティップが引き込まれて、ドラグがジーッとなり強烈な引きが伝わって来る。
アタリの出具合や引き具合からボラだと思うが、ひょっとするとのメッキかも知れない。メッキではなくてもボラ以外の魚かも知れない。兎に角、正体だけは確認したい。
やり取りをしていると、左隣りのYGWさんにも強烈な引きで何かが来て、やり取りを始め、船長のヨシカワさんから、ボラのダブル・ヒットか・・?
結局、船長の云う通りボラのダブル・ヒットだった。
そうこうする内、とものAKTさんが本命のメッキを掛けて、船中一番乗り。

小生のこの日の初メッキは17:00を回った頃。
ボラに懲りて狙いをボトム中心にして探っていた時のこと、直ぐ近くにまで戻って来たジグを回収しようとしてロッドを立てた瞬間、ゴンとアタリがあって25cm程のギンガメが来てくれた。温泉場では小物の1年ものだが、ボーズ逃れの嬉しい1匹。

2匹目のメッキは、17:30頃の2年物のギンガメ
これはAKTさんと釣り座を入れ替わって、ともで掛けたもので、ルアーはSaltDgree SD-50S
何とかプラグでメッキを獲りたかったので、周囲の光量が落ちて行く中、粘って投げ続けた結果で、写真には写っていないが、ヨシカワさんのスケールで測ってみると、丁度40cmだった。

周囲が暗くなってしまうと、流石にメッキは難しくなるので、温泉場から然程遠くないポイントに移動して、メジナ狙いに変更。

メジナはJHにワームの代わりにアオイソメを使うとのこと。
この釣りは、3人共初体験で中々要領を得ない。ヨシカワさんが色々と釣り方やアタリの出方を説明してくれるが、百聞は一見に如かず
昨日か一昨日にも、若い女の子が4匹も5匹も釣ったよヨシカワさんに云われて、気持ちは焦るが実際に掛けて見ないことには、何も云えない。活き餌を使うので簡単に釣れて来るだろうと思っていた安易な期待は見事に裏切られて、難しさを思い知らされた。

所が、釣り方が解ると、ワームを使った釣りと変わらない面白さがあるのが解った。

この時の配置は、YGWさんみよしの右舷、小生がみよしの左舷AKTさんともの右舷で、小生が、左舷斜め前方の岸壁に向かって3~4m程キャストし、フリー・フォールを5カウイントの後、ラインを張っていると、クッと極々小さな違和感があった。その瞬間には、正直な所メジナのアタリだとは思わなかったが、軽く手首を返して合わせを入れると、明らかに生命体の反応がある。オッ魚だと思っていると、続いてグングンとロッドを締め込む強い引きが伝わって来て、この時、メジナが掛かったことを確信。
ヨシカワさんに玉網入れして貰った後、同じ様にすると、同じ様なアタリで追加。
これで、これまでヨシカワさんが説明してくれたメジナの釣り方に得心し、調子の出ていなさそうなAKTさんと場所を変わって入って貰った。

愉しい時間は早く流れるもので、ようやく、メジナの釣り方が解り、これからと思った所で、時計は19:30を指していて沖上がりの時刻。
延長しようかとも考えたが、19:40頃、最後の1投をしてStopFishingとした。

今回初めて経験するメジナの釣りだが、アオイソメではなくワームで釣れるのであれば、積極的に狙ってみたいと思う。
釣りでは活き餌を使うことが普通で、ワームやプラグなどの疑似餌を使った釣りは、ある意味では、異端に類する釣りなのかも知れない。しかし、疑似餌での釣りを長年して来た身には、ヌルヌルとしたアオイソメを扱うのは、もう一つ馴染めそうにもないし、手が体液で汚れるのも、もう一つ。
今晩、刺身になって皿に乗る筈だが、大きく硬い鱗や皮のために捌くのも難儀したこともあり、余程美味くない限り、メジナを狙うことはないだろうと思う。

2019年釣行記(83) – MK

2019年 Mekking 釣行記

日 時:12月27日(金) 08:15~12:00
潮回り:大潮(↓)
場 所:HRTK
釣 果:メッキ x 3、コノシロ x 10
同行者:単独、(MTさん)

前回の釣行が月曜日の23日だったので、通常のパターンであれば、木曜日の26日に釣行する所だが、生憎、曇り空で気温も低そう。対して、金曜日の27日であれば、風も弱く晴れで暖かそう。と云っても、風が弱いのは午前中だけで、午後からは爆風になるとのこと。
どちらにしようかと迷ったが、元々そんなに長時間釣りをする積りはないので、やはり暖かい方が良いと云う訳で、金曜日の午前中だけの予定で出撃することにした。

07:00過ぎに自宅を出発。最近は高速を使って移動しているので、1時間ほどで現地の駐車場に到着。来る途中の橋の上から窓越しにちらりと見た岸壁には、いつもより沢山のアングラーの姿があり、ひょっとするとアブレルかもと思ったが、兎に角、道具を手に岸壁に行くことにした。

岸壁に到着すると、幸いにも、北端だけ空いていて、辛うじてセーフ。
ワラサ狙いの地元のオッチャンに挨拶をして、釣り座を確保し、08:15頃にキャスティングを開始。

風はそよ風で気持ちが良いが、波は少々高く、時々、対岸の導流堤を洗って行くのが見える。お陰で釣り場の海はさざ波程度で、釣りには全く問題はない。

1投目・・・。何事もなし。
2投目・・・。コツコツとアタリがある。このアタリは合わせ切れなかったが、開始早々にコンタクトがあったので、自然に期待はmax状態。
3投目、4投目・・・・。やはりコツコツとアタリがある。しかし、空振り。そこで、リーリングをせずにジグを躍らせる様にしてみた。これまでであれば、この直後にラインに重さが伝わって来て、メッキをゲット出来ていたのだが、この日はこの方法でも針掛かりさせられない。

おかしいなぁ・・・。
四苦八苦しながら、何とか針掛かりさせられたのは08:30頃。
やっと、掛けられた!
ホッとしながら寄せに入ったが、気のせいか引く様子が少しメッキとは違う様な。それでもメッキかも知れないと慎重にリーリングをして抜き揚げてみると、残念ながらメッキよりもスマートな体型をした30cm程のコノシロ
このコノシロは、隣のワラサ狙いで泳がせをしているオッチャンに、お近づきの印にプレゼント。

この頃は、実釣開始後1時間も経っておらず、必ずメッキの回遊はある筈で、時間の問題だと、まだ余裕を持っていたが、アタリはコツコツばかり。
この日のコツコツはコノシロだと判っていても、メッキのコンタクトの場合もあり得るので、ある程度は真剣にやらざるを得ない。しかし、それが空振りやコノシロだったりすると、厭になって来る。

どうやら、ボトム付近はコノシロの絨毯になっている節がある。そこで中層を引いたり、プラグに替えたり、波がないのを良いことにトップを狙ったりもしたが、どれも無駄な努力だった。

隣りのオッチャンによれば、昨日はメッキやセイゴが良く釣れていたとのことで、そのオッチャンの助言に従って、真北に向かってキャストをして、ようやく本命のメッキを手にしたのは、09:10頃。

と云っても、実釣開始1時間程のことなので、それ程悪い状況ではないものゝ、前回や前々回の状況が良かっただけに、やっと来た感が強い。
これでメッキの着き場が判ったと後続を期待したが、それっきりで、掛かって来るのはコノシロばかり。

10:00を回った頃だったか、後ろから声を掛けられ振り返ると、MTさんがニコニコと、どうですか?
この頃にはコノシロに遊ばれるのに辟易して来ていたので、知り合いのMTさんの登場には、正直に云ってホッとした。

その後は、二人並んでキャスティングを続けたが、アタッて来るのはコノシロばかり。しかも30cm内外の良型ばかりで、コノシロに狙いを変えても面白いだろうと思ったが、所詮は外道の魚。全て泳がせの餌用にプレゼントしてしまった。

結局、12:00頃になっても状況は変わらず、メッキが回遊して来る気配もなさそうなので、MTさん残して引き揚げることにし、途中の橋脚下にもメッキが居ないことを確認してStopFishingとした。

それにしても、この日はこれまでにない程の激混み状態で、次から次に現れて来て小さな岸壁には、ザーッと見て20人以上は居たのではないだろうか?
これ程のアングラーの数をこのHRTKでは見たことがない。その殆どの人が4~5mもの長尺ロッドを振っており、どうやらワラサの餌にするコノシロ狙いの投げサビキ。小生が引き揚げる頃には、小生の直ぐ右後ろから何の断りもなく、長いロッドを出されてしまった。
これではキャスト出来るのは北向きだけに限られてしまう。期待したメッキからのコンタクトが全くないのも手伝って、少々嫌な気がし、風もまだ強くはなっておらず、もう少し粘れたが、引き揚げる切っ掛けになった。

2019年釣行記(81) – MK

2019年 Mekking 釣行記

日 時:12月18日(水) 11:15~16:00
潮回り:小潮(↓)
場 所:HRTK
釣 果:メッキ x 12
同行者:単独、(AKWさん、ISBSさん、MTさん)

今週2回目のHRTK釣行を、いつにするか?
週末の金曜日は用事があるので外出が出来ない。従って、水曜日か木曜日しかないのだが、頼りにならない天気予報では、水曜日は穏やかな晴れで気温も高めとのこと。これに対して、木曜日は曇り空で真冬並みの寒さになる由。となると、当然のことながら、誰しも穏やかな暖かい日を選ぶだろうし、釣り場は混み合うだろう。混み合った釣り場で、隣りのアングラーに気を使いながら釣りをするのは、出来れば避けたい。となると、寒い曇り空の下での釣りを選択する以外にない。
どうしようか、迷ったが、カミさんの意見も入れて、暖かい晴れの日の水曜日に出撃することにした。

若干、出遅れ感はあったが、10:15頃、自宅を出発。現地の駐車場に到着したのは11:00を少し過ぎた頃。
到着する直前に通る橋から車窓越しに釣り場の岸壁を見た所、予想した通り岸壁には沢山の人影が見える。しかも、悪いことに本命視している北端には2人の影が見えたので、この分じゃ、入る場所がないかも知れないと心配していた。
所が、駐車場にはISBSさんの赤い車があり、岸壁に行く途中にはAKWさんのバイクが止めてあったので、北端の二人は懇意にしているISBSさんAKWさんであることが、分かって一安心。

二人に挨拶をして、間に入れて貰ってキャスティングを始めたのは11:20頃。
風は北風だが予報通り弱く、春を思わせる暖かい日差しが心地良い。先行の二人の話しでは潮の流れが、左から右に強いとのことだったので、今回も先発ジグは7gSoare Metal Shot TG

1投、2投・・・・。
するとコツコツとアタリはあるが、合わせるタイミング掴めない上、合わせを入れても針掛かりさせられない。
そこで、前回と同様、コツコツとしたアタリを感じたらリーリングせずにジグを躍らせる様にして、針掛かりさせることに成功。
時刻は11:30頃で、20cm位のローニン

前回も口開けの1匹は、サイズ的に不満が残るものだった。しかし、その後は殆どが25cm内外の良型ばかりになったので、今回も同じ様な傾向を辿るのではと期待した。所が、掛かって来るのはどれも同じサイズばかりで、しかも、ポツリポツリとペースが上がらない。

11:40頃、仕事の関係でAKWさんが引き揚げて行き、残ったISBSさんと並んでキャスティングを繰り返したが、アタリは忘れた頃に単発であるだけ。物は試しとばかりに表層を狙うべくミノーポッパーを使っても見たが、掛かって来るのは20cm程のメッキばかり。しかも、直ぐに反応がなくなってしまう。

パッとしないまゝ時間が過ぎ、13:00を回った頃から、北風が強くなってしまった。ポカポカと日差しは温かいので全く寒くはなかったが、潮と風の影響で、ジグがアッと云う間に流されてしまって、やり難いことこの上ない。

14:00頃(?)、MTさんが姿を見せた頃には、殆どアタリがなく、惰性のキャスティングを繰り返しているだけ。

ISBSさんは、ワラサ用のタックルも持ち込んでいたが、ワラサの反応もなく、遂に15:00頃(?)諦めて一足早く撤収し、今度は相手替わってMTさんと二人での残業。
しかし、状況は改善するどころか、益々、北風が強く、時折身体を揺らす程になり、結局、16:00頃、MTさんを残してStopFishingとした。

2019年釣行記(80) – MK

2019年 Mekking 釣行記

日 時:12月16日(月) 09:45~15:00
潮回り:中潮(↓↑)
場 所:HRTK
釣 果:メッキ x 45、クロダイ x 1
同行者:単独、(YTさん、ISBSさん、MTさん)

実は、今週、HRTKメッキを狙うのは17日の火曜日に予定していた。しかし、天気予報によると、その火曜日は生憎の雨模様とのこと。天気予報と云えば、当たって欲しい時には外れ、外れて欲しい時には当たるのが常で、この法則に従えば、火曜日は予報通りの雨になる公算が大。となると、釣行を順延するか、前倒すしかないが、YTさん情報によると、先週末から爆釣状態になっているとのこと。しかし、冷たい雨が降るとメッキの着き場も変わってしまう惧れがあるとのこと、となると、前倒して月曜日に行くしかないが、月曜日は眼の術後の検診予定が入っている。
検診をキャンセルするかどうか迷ったが、今シーズンもそうだが、2011年の暮れ以来、メッキ狙いでは余り楽しい思いをしていない。幸い、眼の調子は良好なので、検診日を2~3日ずらしても問題はないだろうと、検診をドタキャンしてHRTKに行くことにした。

08:45頃、自宅を出発。この日も高速を使用したので、1時間足らずの09:30頃に現地に到着。
直ぐに道具を手に釣り場に向かった所で、岸壁を俯瞰すると、投げサビキをしている地元のオッチャンが4~5人見えるが、幸い狙っていた北端には、誰の姿も見えない。

09:45頃、BL-702ML/MKのロッドに7gSoare Metal Shot TGでキャスティングを開始。
昨日も、束釣りをしたアングラーが居たとのことだったが、今日は、どうか?
期待と不安が入り混じる瞬間だが、2投、3投しても反応はない。
アレーッ。今日も外れたか・・・・。

絶好調の情報に、ひょっとすると1投目から来るかも知れないと思っていただけに、一瞬不安が頭を過ぎった次の瞬間、グンとアタリ。サイズは20cm内外ともう一つだが、ボーズ逃れのローニンで時刻は09:55頃。
今日は、型は望めないかも知れないが、数を楽しめればと後続を狙った。
2匹目は、その5分後、サイズも一回り大きい、これもローニン
その後もコツコツとアタッて来るが、中々針掛かりさせられず、針掛かりしてもバレてしまうことが多かった。そこで、コツコツと感じるとリーリングせずにスラックを出したまゝ小さくロッド・ティップを動かしてジグを躍らせた後、ラインを張って様子を窺い、重さを感じたらメバルのプラッキングと同じ様にスウィープする方法に改めた。
すると、バラすことも殆どなくなって調子が上がって来ると同時に
アタッて来る間隔も徐々に短くり、一時は入れ掛かり状態になって、実釣開始1時間足らずで20匹超。しかも、全てが25cm近くの良型ローニンばかり。
こんな状態が、10:45頃まで続いたが、徐々に間遠くなってしまったので、この1時間程の間が、この日の事実上のハイライト。

それでも、11:00少し前に登場して来たYTさんは、ポツリポツリと掛けていたが、ISBSさんが登場して来た12:00過ぎには、あれ程の饗宴があったことが嘘の様に静かな釣り場に変わってしまった。そして、最後にMTさんが登場して来た頃には、忘れた頃に来る単発のアタリを拾うこれまでの様な釣りに戻ってしまった。

14:30頃になって、YTさん時々眩暈がすると云って一足早く引き揚げて行き、残った3人は並んでキャスティングを繰り返したが、中々釣果が伸びない。
そうこうする内、MTさんが掛けたメッキワラサがライズして来たり、岸壁の中央付近で大きくロッドを曲げワラサと格闘している地元のオッチャンまで出て来て、どうやらワラサが入って来た様子。

こうなるとメッキは何処かに散って行ってしまうのだろう。アタリもサッパリなくなり、しかも、良型ローニンの強い引きのためか、右腕が攣る様になって来たので、15:00頃、ISBSさんMTさんを残してStopFishingとした。

結局、この日は結果的には竜頭蛇尾。とは云え、2011年暮れ以来の爆釣で楽しい一日だった。出来れば切りの良い50匹まで釣果を伸ばしたかったが、これは贅沢だと云うものだろう。

2019年釣行記(77) – MK

2019年 Mekking 釣行記

日 時:12月09日(月) 11:10~15:30
潮回り:中潮(↑↓)
場 所:HRTK
釣 果:メッキ x 4
同行者:単独、(YTさん、AKWさん、Dr.TJさん、ISBSさん)

10:00頃、自宅を出発、現地到着は11:00頃。
実は、到着直前に橋の上から釣り場の岸壁を見た所、生憎、入りたかった南端には人影が見える。となると、本命場所には入れないので、何処に入ろうかと考えながら道具を手に岸壁に向かった。所が、月曜日だと云うのに岸壁には大勢のアングラーが竿を出しており、入れそうにもない。仕方がないので、橋脚下にしようかと考えていると、二人の若者アングラーが引き揚げて来るのに出会った。ひょっとするとと期待しながら、南端を見ると人影がなくなっている。
これはラッキー!!
迷わず南端に急行したのは云うまでもない。

11:15頃、BL-702ML/MKのロッドに7gのSoare Metal Shot TGでキャスティングを開始。所が、釣り座を確保出来てホッとしたのも束の間で、思った以上に左から右の横風になる北風が強く吹き抜けて行く。しかも、潮の流れも左から右で、ルアーがアッという間に流されてしまってやり難いことこの上もない。
これは困ったと思いながら、ルアーが通せるコースを探していると、ニコニコしながらYTさんが登場。風も強いし、アタリもないよと状況を伝え、場所を譲って入って貰った途端、1投目でメッキを掛けている。
同じコースは小生も流したのに小生のルアーには見向きもせず、YTさんのルアーには反応を見せるとは・・・・。これが湘南の達人たる所以か。

しかし、そのYTさんをもってしても追加は叶わず、YTさんの登場後程なく姿を見せたAKWさんと3人で入れ替わり立ち代りしてキャスティングを続けたが、サッパリ反応がない。

12:00頃(?)、YTさんAKWさんメッキを求めて、岸壁の北端に移動して行き、小生は居残り。

キャストする方向やルアーを色々と替えてみたが、全く効果がない。
北端に移動して行った二人の様子が気になるが、帰って来る様子もない。
釣れていれば、連絡があるだろうと思いながら、キャスティングを続けたが、もうその頃には惰性でやっている様なもの。

13:00(?)、ようやく二人が戻って来たが、AKWさんはロッドを置いて来ており、アタリはあるとのこと。
そこで、南端でやると云うYTさんを置いて、AKWさんと連れ立って、北端に移動。すると、そこにはDr.TJさんの姿があり、訊けばISBSさんは対岸の突堤に居ると云う。果たして、対岸の突堤の先端には赤い上着を着たISBSさんがロッドを曲げて取り込んでいる最中。

北端に立つと、強い北風がまともに吹き付けて来て、寒さが一段ときつく感じられるが、釣れるなら何とか我慢が出来ると云うもの。
気分を新たにキャスティングを始めたが、なかなかアタリが出ない。

そこで隣りのAKWさんがルアーを回収している間に、出来るだけ北寄りにキャスティング。
すると、これが功を奏して、13:40過ぎにやっとこの日最初の獲物をゲット。サイズは20cm強だが、嬉しいローニン

その後は、気持ちが切れ掛かって来る程の間を置いてだが、アタリがあって、何とか3匹を追加。

15:00頃、AKWさん寒い寒いと云いながら、一足早く引き揚げて行き、その約30分後に5匹目をばらした所で、小生とYTさんStopFishingとし、Dr.TJさんを残して帰路に着いた。

兎にも角にも、この日は前日とは気象条件が正反対。どんよりとした曇り空に強い北風で、最悪の条件。こんな条件の日でも爆ることもあるが、この日は悪い方に作用した模様で、独りだったら匙を投げていただろう。
尚、対岸のISBSさんは好調にロッドを曲げており、サイズも良かった由で、ISBSさんの独り勝ちと云った所。

« 古い記事