2021年釣行記(25) – AJ

2021年 Ajing 釣行記

日 時:05月30日(日) 16:30~19:30
潮回り:中潮(↑)
場 所:孤島
釣 果:アジ x 0、カサゴ x 1、タコ x 1
同行者:AKT、IKD、YGW、INUE、KRT各氏

今シーズンはアジの寄りが悪く、近辺の釣り場の釣果が全く上がって来ない。アジングの聖地である孤島も例外ではなく、小生を除いては手練ればかりの釣り仲間達もかなり苦労している様子。そんな状況なので、小生ごときがノコノコ出掛けても期待薄なのは自明の理だが、こればっかりはやって見なければ判らない。運が良ければ、尺アジの群れに遭遇することだってあり得る。しかし、行かなければ、100%あり得ない。風向きが横風になる東寄りであることは気になるが、幸いなことにそれ程強く予報ではない。更に、降水確率も夜を通して0%になっているので、行けば何とかなるだろう

前向きな考え方と云えば聞こえは良いが、結局は、行きたいための自分本位の理屈付け・・・・(笑)

駐車場に先着していたKRTさんと合流し、INUEさんの到着を待って、3人揃って出発し、AKTさん、IKDさんYGWさんに迎えられて16:00過ぎに、孤島の突堤に到着。
いつものことながら先着していた皆さんには、年老いた小生を気遣って重たい荷物を運んで頂いて、本当に有難く思っている次第。多謝!!

突堤に上がって見ると、思いの外強い風が吹いている。しかも、孤島では鬼門の東寄りの風で、釣り支度に取り掛かる前から、気持ちはシュンと萎えて来るが、少しでも弱まってくれることを念じながら、準備に入った。
所が所が、そんな小生を嘲笑う様に、ポツリポツリと雨が降って来る始末。

強い風に加えて雨と来ては、釣りを続ける状況ではないが、皆、何事もないかの様にロッドを振っている。ただ、KRTさんだけは俺とmizokenさんの二人が揃ったから、アジは散るし天気は荒れて、最悪だよヨ!!と騒いでいる。

暫くして、雨は上がったが、風は益々強く吹いて来る様になり、突堤に到着した頃には、暑くて薄っすらと汗ばんでいた身体からドンドンと熱が奪われてしまって、思わずブルっとして上着の前を留めて凌ぐ程。

IKDさんによれば24:00を回る頃までは、釣りにならないだろうとのこと。
彼の言葉通りだとすると、7時間も待つことになるが、そんなに長い時間を何もせずに待つことなど出来る筈もなく、5gのシンカーを使ったキャロでキャスティングを開始。
と云ってもキャストしたり休んで釣り談義をしたりの繰り返しで、とてもとても釣りに集中しているとは云えない状況。

そうこうする内、北の空を覆っていた黒い雲が近づいて来て、又々、ポツリポツリと雨が降り出して来てしまった。
こうなると辛うじて繋がっていた気持ちが耐えられる筈もなく、急遽予定を変更して、KRTさんと共に早上がりをすることにして道具の片付けに入った。その間にも雨脚が強くなって来て、皆で建物の陰に入って雨宿りを決め込んだが、その強い風雨をものともせずロッドを振っていたのは、INUEさんIKDさん

4人を残して、20:00過ぎにKRTさんと二人で引き揚げて来たのだが、駐車場に到着した頃には、雨は上がり、場所のせいか孤島に居た時程、風の強さもなく、少し早まったかと後悔の念がチラリ。
と云っても後悔先に立たず。改めて出直すことも出来ず、そのまゝ帰路に着いた次第。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

トラックバックURL:
http://mizoken.info/WordPress/fishing/wp-trackback.php?p=8964

« »