2021年釣行記(16) – EG

2021年 Eging 釣行記

日 時:04月01日(木) 18:00~21:30
潮回り:中潮(↑↓)
場 所:JGSM-NGTR-WN
釣 果:ヤリイカ x 1
同行者:単独

予報では、北or東の風が3m前後と微妙な強さだが、少なくとも南or西ではないので、何とかなりそうと自分に都合の良い判断をして、JGSMに行くことにした。

現地駐車場には、17:45頃、到着。
前回、敢えて入ることを見送ったNGTR-WNを第一候補に決めて、ロッド・ケースとバッカンを両手に下げて磯の入り口に立ち、NGTR-WN方面を遠望すると、幸いにもアングラーの姿が見えない。

起伏の激しい磯道を歩き、ポイントのNGTR-WNに到着したのは18:00少し前。
海は時々大き目のウネリはあるものゝ穏やかで、風は少々強めだがフォローになるので、釣りには支障はなさそう。時間的にも丁度日没時刻に当り、タイミングもバッチリ。
釣り座付近にはコマセも落ちておらず、どうやら、この日はアングラーが入っていなかった様子。であれば、魚もイカもスレていない筈。

と云う訳で、期待に胸を膨らませて、Sephia S806ML-S3.5号のエギの組み合わせで、18:00頃、キャスティングを開始。
しかし、期待に反してコンタクトがない。
2投、3投・・・・。
近隣の観測所のデータを見ても、海水温は16℃まで上がって来ているので、ソロソロ良いだろうと思ったのだが、扇状にキャスト方向を変え、根掛り覚悟で左手の離れ磯の根元を狙ったりもしたが、全て空振り。
こうなると、回遊して来るのを待つしかないが、このポイントが回遊ルートに当たっているかどうかさえ、心許ない。

20:00頃の満潮時刻を過ぎ、潮は下げに入ったので、状況が変わるかと期待をしたが、一向に変化がない。周囲にはアングラーがいる気配もなく、薄明るい磯に唯一人でキャスティングをしていると何となく寂しくさえなって来る。

21:00頃、気持ちも切り掛けた状態で、半ば惰性でキャスティングを続けていると、リールのハンドルを持つ手に微かな重さが伝わって来た。
アーァ、また海藻を掛けてしまった!!
この日何回か目の海藻を回収しようと抜き上げてみると、何やら白っぽい。ありゃ、ビニール袋か・・・・・。
と思ったが、エギと同じ位の大きさのヤリイカ(?)が掛かっていた。
この娘は写真撮影の後、直ぐに海に帰って貰ったが、この日エギに掛った最初で最後の生命体で、事実上、この日のエギングは終わったのも同然。

その後は、引き揚げる切っ掛けを探しながらキャスティングを続けていたが、21:30頃になって、北風が強く吹き出して来ると同時に、腰の痛みも強くなったのを幸いに、NGTR-WNを後にした。

10年以上も前、今と同じ様に緑のアイシャドウの可愛い子ちゃんを追い掛けていた頃、近場では余り良い釣りが出来ず、釣果を求めて西伊豆や南伊豆方面まで足を延ばしていた。
今年になって、何故かグイーン・グイーンの強い引きが懐かしなって、SOFKZKJGSMに釣行しているが、はやり思った様な結果が出ていない。年齢も年齢なので、年々遠征する体力・気力がなくなって来るのが目に見えている。西や南伊豆にまで出掛けるのは、今年辺りが最後のチャンスかも知れない。
近々、行ってみようか・・・・・との考えが頭の中をグルグルと回っている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

トラックバックURL:
http://mizoken.info/WordPress/fishing/wp-trackback.php?p=8849

« »